• ホーム
  • 禁煙ガムによる髪への影響

禁煙ガムによる髪への影響

禁煙表示

禁煙ガムはタバコを止めたいと考えている方からよく利用されることがある禁煙グッズです。
ニコチンが含まれているのが特徴であり、離脱症状を抑制させることができるとされています。
また、ガムを噛んでいると吸いたい気持ちも紛らわし易くなりますので口寂しさへの対策としても有効です。
薬局やインターネット通販でも簡単に買うことができ、補助剤として気軽に利用することができます。

タバコと違って健康への害も小さいのが利点でもありますが、しかしながら長く利用することは避けた方が良いでしょう。
少量とは言えニコチンを配合しており、ニコチンは害のある成分でもありますので長期的な連用はあまり良くないことがあるのです。

ニコチンによる悪影響としては髪の毛の成長の阻害です。
髪が育つ為には栄養や酸素が必要不可欠であり、それらは血液によって運ばれていきます。
ところが禁煙ガムを利用している場合、ニコチンによる血管の収縮作用によって血液の流れが悪くなってしまう恐れがあるのです。
その為、連用していると薄毛リスクが高くなってしまいますし、特に禁煙ガムは1日にいくつも噛む可能性がありますので常に血行を悪くする恐れがあります。
その為、禁煙ガムの数はどんどん減らしていくことが大切であり、長く利用を続けるようなことはしない方が良いと言えるでしょう。

もちろん禁煙ガムの影響は髪だけに及ぶわけではありません。
血行が悪くなれば肌への栄養供給も悪くなる為に肌質が悪化する恐れがあったり、健康面に対しても良くないと言えます。

タバコと比較をすると害が小さい禁煙ガムですが、しかしながら全くの無害というわけでもない為、区切りの良いところで使用を止めることが大切です。